以外にも種類の多い有料老人ホーム

以外にも種類の多い有料老人ホーム

社会福祉は1900年代の後半から積極的に老人に対するケアや福祉サービスとしての一面を持つようなりました。

 

その一環の中には、介護を必要としない人たちにも福祉サービスを享受することができるようにということで、老人ホームへの入居が可能となっているわけです。

 

その一つは有料老人ホームと呼ばれる介護のみを目的にしたような擁護施設とは異なり健康な方々も利用する施設という区分となっているわけです。

 

有料老人ホーム意外にも福祉のために老人の方たちが利用する者としては、福祉サービス専用の施設がそれに当たります。一つは、国養老人ホームがそれに当たると言われています。重度の要介護者がその多くを占めており、入居状況もっサービスを目的としていることがわかります。(詳細はコチラ)

 

それ以外にも通所のデイサービスを行うところや保健・介護福祉施設のように医療機関や福祉施設と共同でオーラルな福祉サービスを展開している老人ホームとはまた趣旨の異なる施設もあるといった具合です。介護保険の適用となるのは主に後者で、保険の利用とともにサービスを受ける点ではホームの特徴とは異なるわけです。